採用

社員紹介

二度目の入社だからこそ見える景色

パセリにリターンした理由

私には学生時代から、社会に出たら実現したい2つのテーマがありました。一つが「人と人との出会いを演出する仕事がしたい」そして、「誰と働くかを大事にしたい」というものです。
大学4年の春に出会ったパセリは、事業コンセプトがぴったりなのはもちろん、面接中にどの会社よりも私のパーソナリティを理解し、認めてくれる印象があって、「この会社は人を大切にしている。この人たちと働きたい!」と直感的に思いました。入社後もその印象は変わらなかったし、クライアントと信頼関係を築く営業の先輩たちの背中に早く追いつきたいといつも思っていました。

ただ、おそらくパセリでも初めてのケースだと思いますが、私は2年目の夏に一度退職し、4年半後に再入社した、という経歴を持っています。
「人を癒す仕事」への夢を追いかけて美容業界に飛び込み、店舗の売上管理やイベントの企画、人材育成などを約4年間経験しました。様々な社会経験をつんで改めて気づいたのは、「パセリで働いていた時の楽しさ」でした。自分の中にあった、「何をするかよりも、誰とするか」という価値観に改めて気づくきっかけにもなりました。

復職のお願いは、社長に直接お願いしに行きました。会社の近くのカフェで待ち合わせしたのを今でも覚えています(笑)社長に言われたのは「人材事業の仕事を任せたい」「これまでの経験をいかして、事業を創造してほしい」ということ。
私自身が何度か転職を重ねた経験を活かせるし、「人と人の出会いを演出する」という私のテーマにより近い仕事をさせてもらえることが、本当にうれしかったですね。

パセリだから経験できること

パセリは、大きな組織では絶対に経験できないような大きな仕事でも、手を挙げれば任せてもらえる環境です。仕事が大きいほどにもがき、プレッシャーに胃が痛くなるような日々もありますが、その分ビジネススキルもマインドも成長すると思います。

私はこの1年で、新たに「出張ネイリスト」事業を立ち上げました。資格を取ったのに就業できないネイリストの雇用創出と社会福祉への貢献を目的に、介護施設などにネイルサロンを出張する活動です。
サービスを一から立ち上げ、営業から運営までトータルでプロデュースする経験は初めてで、思い出すと笑ってしまうようなトラブルばかりでしたが、人と人とが支え合うからこそ事業が成り立つことを実感できています。それに、自分が面白いと思ったことって、どんなことがあっても諦めないですよね。

パセリに向いている人とは?

常に新しいことにアンテナを張っている人だと思います。与えられたタスクをこなしていれば良いという考えでは、仕事ってつまらないと私は思うんです。既存の仕事にも、自分なりのビジョンを持って創意工夫ができると仕事が楽しめると思うし、パセリではそれを具現化できる環境が整っていると思います。
私自身も、今の事業をまだまだ大きくしていきたいですし、もっと人が新しく出会う何かにアプローチするようなビジネスを新たに創りだしたいと思っています。